テーマ:児童相談所

虐待事件、手口が次々に

「また児童相談所と警察の連携ミスで虐待死」について   千葉県野田市の小学4年、栗原心愛 (みあ) さん (10) が1月24日に自宅で死亡し両親が傷害容疑で逮捕された事件で、父勇一郎容疑者 (41) が昨年12月末~1月初旬にも心愛さんに暴行を加え胸の骨を折るなどのけがをさせたとして、県警は14日、傷害容疑で再逮捕した。骨折後も病…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

189 いちはやく通報

「虐待騒動 子どももしたたか」について 児童虐待を疑われるときは189番に通報してほしい。すぐに児童相談所が対応すると、ここ数日前からテレビで報じているが、まずは児童相談所をしっかりした組織にすることが先決だ。  昨年の目黒の事件も今回も、児童相談所がしっかりしていないから虐待死につながった。そんな機能していない児相に通報し…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

虐待騒動 子どももしたたか

「また児童相談所と警察の連携ミスで虐待死」について 「お母さんによくたたかれる」 と9歳次女が110番、母親逮捕 自宅で小学3年の次女 (9) の顔を平手でたたいたとして、兵庫県警加古川署は5日、暴行の疑い  で、兵庫県加古川市の介護士の母親 (44) を逮捕した。 「学校に行かせたかったので…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

また児童相談所と警察の連携ミスで虐待死

「5歳児虐待死 電話連絡までしていたのに」について 千葉県野田市立小4年の栗原心愛さん (10) が自宅浴室で死亡した事件で、傷害 の疑いで逮捕された父勇一郎容疑者 (41) が県警の調べに、死亡当日に長時間立たせたことなどについて「しつけのつもりで、悪いことをしたとは思っていない」 と供述していることが30日、捜査関係者への取材…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

5歳児虐待死 電話連絡までしていたのに

「5歳児が 「もうゆるしてください」」について 厚生労働省は、児童虐待防止対策を強化するため、支援が必要な家庭の転居先が不明になった場合、児童相談所 (児相) 間の情報共有の方法を見直す。所在確認のため、これまでファクスで送っていた子どもや親の情報について、児相のメーリングリストを活用したメール送信に改める方向で全国児童相談所長会…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

児童相談所、教師などには適性検査が必要

「『指導死』 の定義」について 両親から虐待を受け、相模原市の児童相談所が対応に当たっていた男子中学生が自殺を図り、先月、死亡していた事件で、中学生は繰り返し保護を求めていたが、両親の同意が得られず同居を続けていた。 その間、両親から虐待を受けていると学校から通告があり、男子生徒は 「児童養護施設で暮らしたい」 などと繰り返…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

生まれてすぐに虐待を受けた赤ちゃん

「母はなぜ息子を守れなかったか」について 3日午前7時20分頃、鉾田市・当間の路上で女の赤ちゃんが何も身につけていない裸の状態で放置されているのが見つかった。赤ちゃんはへその緒がついたままで、生まれてすぐに放置されたものとみられている。  3日の朝、鉾田市は最低気温が11.9℃まで下がり、午前5時頃か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母はなぜ息子を守れなかったか

「執拗な暴力シーンは悪だ」について また東京都西東京市で自殺した中学2年の長男 (14) が父親から暴行されていた事件があった。傷害容疑で逮捕された父親の村山彰容疑者(41)が、自殺前に行った暴行の直後、長男に 「24時間以内に首でもつって死んでくれ」 と迫っていたという。 同居する母親は 「3~4年前から暴行が始まり、今…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more