テーマ:イスラム国

旅券返納、現状では当然

「首相 「決して許さない。罪を償わせる」」について シリア渡航を計画していたフリーカメラマンが過激組織 「イスラム国」 地域への渡航自粛を求めても応じなかったため、パスポート (旅券) の返納の措置をとった。 外務省は、今後も日本人人質事件を踏まえ、同組織が支配する地域への渡航自粛を引き続き求めていく方針で、応じない場合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目には目を 歯には歯を

「首相 「決して許さない。罪を償わせる」」について 3日、ヨルダン人パイロットが、1月3日に生きたまま火を放たれて殺害されたときの残忍な画像が 「イスラム国」 によって投稿された。 後藤健二さんと収監されているパイロットを交換するとの声明に、ヨルダン側はパイロットが生存している証拠を見せなければ応じられないとしていたが、1カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首相 「決して許さない。罪を償わせる」

「イスラム国人質と拉致被害者 自己責任論」について イスラム教スンニ派過激組織 「イスラム国」 に拘束された後藤健二さん(47)が殺害されたとみられる映像が1日午前、インターネット上に公開された。政府は、公開された映像を1日午前5時前後に確認した。  安倍晋三首相は、テロ行為を非難する声明を発表、記者…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

イスラム国人質と拉致被害者 自己責任論

「日朝協議 拉致問題が最優先」について 日本人男性2人が 「イスラム国」 の人質になって2億ドル (236億円) という法外な身代金を要求され、示された期限を過ぎた。安倍首相を陣頭に政府はその対応に追われている。 私ももちろん無事に解放されることを願っているが、ちまたで起こっている自己責任という考え方も一理あると思う。今回に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more