テーマ:政治

トランプ占いが外れてトランプが大統領になった

「トランプ占い」について      トランプ占いが外れた  イギリスのEU離脱問題もあったので多少の不安はあったが、現実のものとなった。   米大統領選挙で、共和党候補の実業家ドナルド・トランプ氏 (70) が大接戦の末、民主党候補のヒラリー・クリントン前国…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

国会でスタンディング・オベーション

「おかしい」 という進次郎氏は正しい」について 28日の安倍首相の所信表明演説中に自民党議員の多くが起立して拍手したことに対し、野党はもちろん公明党からも痛烈な皮肉が相次いだ。 この “スタンディング・オベーション” については、衆議院議員の小泉進次郎氏も 「あれはおかしい」 と批判していた。しかし、話の最後に 「私も思わず…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

猪木参院議員が北朝鮮訪問

「鳩山さん、病んでいますか」について アントニオ猪木参院議員 (73) が13日夜、北朝鮮への訪問を終えて帰国し、東京・羽田空港で会見を開いた。今回は14年8月以来2年ぶり31度目の訪朝で、スポーツ交流が主な目的だったという。 帰国後の入管の段階で、別室に連れていかれたといい 「出てくる時にも。小ざかしいというか、嫌がらせ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

初の女性都知事誕生

「都議会解散ありきで立候補 やめて !!」について 投票が締め切られた直後の開票率4%の段階で、早々と小池氏の当選確実が出た。出口調査も含め、いつもその統計学に驚く。無学の私からすれば、驚きの一言に尽きる。  何はともあれ初の女性都知事の誕生ということで、4年間  しっかりと東京都を運営してほしい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

過剰反応してしまった

「都議会解散ありきで立候補 やめて !!」について 都知事選立候補者の街頭演説が始まり、どの候補者も口から泡を飛ばさぬばかりに演説している様子をテレビで見た。 候補者の1人が勧められた飲み物を口に含んで 「ああ、冷たくておいしい」 といった。政治と金の問題でこの騒ぎになっているのに、飲み物を受け取っていいのかなと思ったが、候…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お上品な党名 !!

「政党合併!後の名前は世論調査で」について 10日に行われた参議院議員選挙で、翌日には誰が何票で当選したかの一覧表が新聞に載った。全国の立候補者全てだから膨大な情報量だ。長い党名は省略して書いてある。 その中で、唯一 「お」 をつけてもらっている上品な党名があった。    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都議会解散ありきで立候補 やめて !!

「どうやって生きていくのだろう」について 「退路を断つのが私の生き様」 「崖の下にパラシュートなしで落ちる覚悟」 として、自民党衆院議員の小池百合子元防衛相 (63) が6日、自民党東京都連の推薦可否の判断を待たずに都知事選への出馬を正式に表明した。自身に対する 「包囲網」 が狭まった状況を強調しながらも、都議会冒頭解散を公約に掲…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

国民投票の怖さ

「投票がなぜ木曜日か」について イギリスで欧州連合 (EU) に残留か離脱かの国民投票が行われた。最後まで互角の戦いだったが、離脱することが決まった。 いざ離脱となったら、離脱に投票したことを後悔する人々がふえる一方、残留に投票した若者らは 「俺たちの未来を年寄りが決めてよいのか」 と抗議の声を上げて、両者が再投票を求める署…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうやって生きていくのだろう

「四面楚歌」について 20日に都議会や都庁職員から石もて追われるようにして都庁を後にした舛添氏。都民どころか全国民に悪評が知れ渡ってしまった。ほとぼりが冷めるまで何年かかるかわからないが、しばらくは、政治家としては生きられないだろう。彼の人間性に疑問符がついたため、周囲の人も潮が引くように彼の周りから遠ざかるのではないか。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

投票がなぜ木曜日か

「トランプ占い」について 23日木曜日に、イギリスで欧州連合 (EU) に残留か離脱かの国民投票が行われた。最後まで互角の戦いだったが、離脱することが決まった。 麻生太郎財務相と黒田東彦日銀総裁は共同談話を公表し 「為替市場の動向をこれまで以上に注視し、必要に応じて対応を行う」 と表明。急激な円高進行には円売り介入も辞さない…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

四面楚歌

「選挙費用は不祥事を起こした当人が負担しよう」について 自民・公明両党も辞職を迫る姿勢を明確にした。それでも舛添知事が辞職を拒んだために、両党もついに不信任決議案を提出する方針を固めた。きょうの本会議最終日に可決されることになる。  ◎ 13日の総務委員会の集中審議では自民党だけは辞職を要求しなかった。そのことに対して地…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

選挙費用は不祥事を起こした当人が負担しよう

「舛添都知事への会見はやめれば」について 知事はきょうの一般質問でも)謝罪を重ねる一方で、詳細な説明を避け、議員や傍聴者から 「答えになってない」 「辞めろ」 と激しいやじが飛んだ。 いずれの質問にも 「多大な迷惑をかけた」 「真摯 (しんし) に受け止める」 と反省の弁を繰り返した舛添知事だが、やじはやまなかった。  …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

本会議を所用のためと欠席して選挙活動

「かんだり殴られたり大忙しの年末」について おおさか維新の会の浜田和幸参院議員 (鳥取選挙区) が27日、参院の本会議を欠席して大阪府内の同党府議や大阪市議の会合に出席し、参院選への支援を呼びかけた。党代表の松井一郎・大阪府知事は 「自分の選挙のために休むなら、(党と) 合わない。公認取り消しは十分にある」 と記者団に述べ、処分を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舛添都知事への会見はやめれば

「選挙費用もったいないとカンニング竹山」について 舛添知事釈明会見三たび 「信じてもらえないかもしれない」 と自身での説明を拒否した。1時間超の会見に声がかすれる場面も…  何を聞いても 「第三者の意見」 を重視しているのだから、第三者が意見統一して発表するまでは放っておけばよいのに。何度も会見を開くのは時間の無駄だと思…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

選挙費用もったいないとカンニング竹山

「「無駄遣い」 選挙が始まった」について 政治資金の公私混同疑惑に揺れる東京都の舛添要一知事(67) のまともに回答しない態度に、都民のみならずインタビューを受けた人のほぼ全員が 「あり得ない態度だ」 と憤っている。帳簿に記帳した日付がはっきりしなくても行ったかいかないか、買ったか買わないかは、第三者に検証してもらう以前に、むしろ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

トランプ占い

「故ケネディ大統領の長女、もう55歳」について アメリカの大統領選挙が、クリントン氏とトランプ氏の一騎打ちになりそうな様相を呈してきた。他の国のこととはいえ、誰が大統領になるかは日本にも大きな影響がある。 そこで、どちらが大統領になるのかトランプ占い  をしてみた。それによるとクリントン氏が大統領…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

政党合併!後の名前は世論調査で

「かんだり殴られたり大忙しの年末」について 10日夜、合流後の新たな党名について民主党と維新の党の 「党名検討チーム」 による協議で、民主党は新たな党名の候補として 「立憲民主党」 を提示した。これに対して維新側は 「民進党」 を主張し、2時間ほどの話し合いでも結論は出なかった。このため、12日と13日に世論調査を行い、より支持を…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

かわいいお顔の安倍総理

「「黒人、奴隷が大統領」 発言」について 午後、テレビをつけると、答弁した人の後に質問者の大塚耕平委員 (民主・新緑風会) が 「総理、ひもを結びながらでいいですから聞いてください」 と質問に立った。 総理はすぐに柔和な顔を上げた。いつもは野党の質問に気色ばんだぴりぴりとした表情が多いが、このときにふと見せた笑顔がかわいらし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「黒人、奴隷が大統領」 発言

「“育休” 議員 無職に」について また自民党議員が人種差別をするような発言をして物議を醸している。 自民党の丸山和也参院議員は17日の参院憲法審査会で 「アメリカは黒人が大統領になっている。これ、奴隷ですよ。建国当初、黒人、奴隷が大統領になるなんて考えもしない。ダイナミックな変革をしていく国だ」 と述べた。丸山氏は 「意図…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

“育休” 議員 無職に

「かんだり殴られたり大忙しの年末」について 妻が出産したら育休をとると宣言した自民党の宮崎謙介衆院議員 (35) が、妻の出産を控えた6日前に不倫をしたと週刊誌に報じられていたが、ついに議員辞職願を提出した。  12日に開かれた記者会見の席で、結婚後も何度も不倫を働いていたことが判明した。だらしがない人が国会議員だったなんて…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

かんだり殴られたり大忙しの年末

「また 「逃げ得」 を勧める ?」について おおさか維新の会の丸山穂高衆院議員 (大阪19区 31歳) が昨年末に東京都内の居酒屋で飲酒後、口論となった男性の手をかんだ。 同党の松井一郎代表 (大阪府知事) によると、丸山氏は男性とのトラブルで足の骨にひびが入り、鼓膜が破れるけがをしたという。  松井氏は 「どちらも加害者で…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

また 「逃げ得」 を勧める ?

「逃げ得は許すな 裁判官のアタマ大丈夫 ?」について うその収支報告書を県議会に提出し、政務活動費 (政活費) 約913万円をだまし取ったとして、詐欺と虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた元兵庫県議、野々村竜太郎被告が、きょう午後3時に予定されていた神戸地裁 (佐茂剛裁判長) の初公判を欠席した。 開廷時間になっても出廷せ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

1億総活躍担当相って、何をする ?

「安全保障関連法の成立 各国は相次いで声明を発表」について 第3次安倍改造内閣が発足した。また、新閣僚の中から “身体検査” ですったもんだし、閣僚のすげかえがなければよいがと思う。 降って沸いたように 「1億総活躍担当相」 などというものが新設された。一瞬、オリンピック担当相のことかと混乱した。1億ということが国民全員…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安全保障関連法の成立 各国は相次いで声明を発表

「野党の攻防 奇策」について 「地域安定に寄与」 「国際社会が憂慮」 安保法に各国声明 安全保障関連法の成立を受け、各国は相次いで声明を発表した。日本への期待と懸念が交錯した。 米国務省と国防総省は18日 (日本時間19日) 「 (日米の) 同盟を強化し、地域・国際社会の安全保障の行動において、より積極的な役割を果…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

新潟県弁護士会の会長コメントが斬新

「野党の攻防 奇策」について 安全法案の採決について新潟弁護士会会長が、まさかのあっさり過ぎるコメントを発表して話題になっている。 9月19日未明に参議院本会議で安全保障関連法の採決が行われ、自民党、公明党、次世代の党などの賛成多数で可決された。これに対し新潟県弁護士会が公式サイトで 「安全保障関連法案の強行採決について…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野党の攻防 奇策

「派兵したら日本国自体も攻撃されるおそれがある。」について 安保関連法案に対する野党の攻防がおもしろかった。  議事進行を話し合う理事会室から、特別委員会室に移動できないように 「怒れる女性議員の会」 と書かれた鉢巻をした女性議員らが、封鎖を解除しようとした男性議員に 「触った」 「触らない」 「セク…
トラックバック:3
コメント:5

続きを読むread more

派兵したら日本国自体も攻撃されるおそれがある。

「安倍首相が大阪入り」について いよいよ安保関連法案の審議が大詰めを迎えている。 私はやはり危惧を覚える。今までは世界から戦争をしない国、武力は放棄した国としてとらえられていたのに、いろいろ理屈をつけて派兵すれば、武器を持って戦争する国と勘違いされて、派兵どころか日本国に攻め入られるような気がする。 やはり日本は戦争を…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

安倍首相が大阪入り

「また安倍首相が不規則発言」について 9月4日、読売テレビの 「ミヤネ屋」 を見ていたら、3時半近くになって安倍首相が出演した。この日は出席していなかったが、コメンテーターで元防衛大臣の森本敏氏の “口利き” だそうだ。 この時期に、私的なというか、お友だち出演でよいのかなと思ったが、案の定、民主党の枝野幸男幹事長が 「国会…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

サイン、コサイン、タンジェント

「知事選 三村VS大竹 「さまぁ~ず」 対決」について 鹿児島県の伊藤祐一郎知事が、27日に開かれた県の総合教育会議で、女性の高校教育のあり方について、 「高校でサイン、コサイン、タンジェントを教えて何になるのか」 「それよりもう少し社会の事象とか植物の花や草の名前を教えた方がいいのかなあ」 と述べていたことがわかった。知事は28…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ロゴジン副首相は切腹の意味を知らない

岸田文雄外相は22日、アファナシエフ駐日ロシア大使を外務省に呼んで 「北方領土・択捉島訪問は日本の立場と相いれず、日本国民の感情を傷つけるもので、極めて遺憾だ」 と抗議。ロシア外務省は 「日本は第2次大戦の結果に反対し続けている」 と反論した。 ロシアのロゴジン副首相は、メドベージェフ首相による22日の北方領土・択捉島訪問を受…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more