テーマ:後継者の手腕は

金正日の独裁ぶり

「北朝鮮はスポーツマンシップにのっとって」について 藤村官房長官はきょうの記者会見で、金正日総書記の死去を受け、日本政府として弔意を示す考えはないとの認識を表明した。 自国民を拉致し、その事実をわびようともしない国の総書記が亡くなったからといっても、哀悼の意はもちろん、外交辞令としてもいえるわけがない。政府の判断は正しい。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more