アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「トランプ大統領」のブログ記事

みんなの「トランプ大統領」ブログ


拉致問題は安倍首相が向き合わねば

2018/06/13 23:36
トランプ大統領も揺れている」について

12日にアメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金委員長がシンガポールで初の米朝首脳会談を行った。安倍首相は前もって何度もトランプ大統領と電話会談をして、非核化等はもちろんのこと日本の拉致被害者の件も力添えをいただけるようにと話し合ってきた。
 
しかし、拉致問題についてはほんのちょっと触れたにとどまったような気がする。人道問題として考えれば全世界で受けとめなければならない問題だが、やはり米国にとっては非核化その他の問題のほうに力点を置くのは仕方がない。 

大体、自国の問題を人任せにしようという安倍首相に歯がゆさを感じる。首相が動いて、さらに米国に後押しをお願いするのが筋ではないか。1年以上も 「もり・かけ」 問題で国会を停滞させている場合ではない。 

先日、友と 「今考えると、小泉首相は拉致被害者の一部ではあったけれどもさっさと帰国させたのは偉かったね」 と、上から目線で話をした。   


安倍首相も、偉い偉いと上から目線で被害者家族も国民も喜べるように、一刻も早く拉致被害者を全員帰国できるよう最優先して動いてもらいたい。なぜ急がなければならないか、首相も人の子だからわかるでしょ  


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トランプ大統領も揺れている

2018/05/25 23:51
北朝鮮メディアが拉致家族・トランプ氏の面会は 「茶番」」について

アメリカのトランプ大統領は先ほど、昨夜中止を表明した米朝首脳会談について 「6月12日の開催もありうる」 と語った。

また 「北朝鮮がやりたがっている。われわれもやりたい。どうなるか様子を見よう。北朝鮮側と今、話している」 と述べた。

金桂官第1外務次官が談話を発表し 「トランプ大統領のこれまでの努力を内心ずっと高く評価してきた」 「いつでもどのような方法でも向かい合う」 などと表明した (してくれた) ことを評価しているものとみられる。 


そりゃあ、せっかくのトランプ大統領の好意  を無にすることはない。世界の仲間入りをするチャンスだと思うよ、うんうん。  


日本にとっても、中止になったら拉致問題は日本が独自に頑張らねばならないと絶望に近い気持ちだったが、無事に開催して、トランプ大統領が拉致問題にも言及してくれれば日本としてもありがたい。  
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


トランプ大統領と初めての会談

2017/02/11 21:08
トランプ大統領 やってはいけないこと」について

トランプ大統領と安倍首相が会談を行っている様子をテレビで見た。いちゃいちゃ、いちゃいちゃと手を握り合い、何度もハグし、両者ともうれしそうな様子に、ああ、よかったと安心した。  


しかし、仲がよいということは、ボタンのかけ違いでいつどうなるかわからない。両者、そして両国民の皆様、油断めさるな。  

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


トランプ大統領 やってはいけないこと

2017/02/01 23:57
トランプ大統領誕生」について

就任直後からいろいろと大統領令を発行している。それらの是非は専門家に任せるとして、私が一番危惧するのは、どこかの国のように独裁者になるのではないかということだ。

ごく限られた人の意見しか聞かず、メディアを嫌い、自分の思いだけを勝手に、自由気ままに発信するという手法は、失礼ながら氏の器量以上のことは何もできないということだ。こんなことで世界と渡り合えるのか、また世界はそのような質の低い (言葉が過ぎました  ) “アメリカ” とともに歩もうと思うのか素人の私でも心配だ。 


それはともかく、人さし指で人を指すのはやめたほうがよい。とても威圧的で見ていて不愉快だ。人をさす指で人を指して何が悪いという意見もあるだろうが、1本指を相手の真正面に向けて突き出すのはよくない。相手の意見を促すときは、手全体で指し示すとか、相手を尊重する気持ちを示してほしい。 

特定のメディアに質問させなかったときの不快極まりないあの光景を、私は一生忘れない。トランプ氏の品のなさを感じた。 

記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0


トランプ大統領誕生

2017/01/22 23:37
トランプ氏の演説」について

20日 (日本時間21日未明) にアメリカのトランプ氏の大統領就任式があった。これでアメリカ国民はもちろん全世界の人々は、泣いても笑っても4年間我慢しなければならない。 

アメリカ国内だけよければOKではなく、国際的に大きな目で判断してその権力を生かしてもらいたい。日本の拉致被害者がトランプ大統領の力添えを祈るような気持ちでいることをわかってほしい。家族を大事にする大統領なら、日本の拉致された家族の悲痛な思いを理解してくれるのではないか。

経済問題その他もろもろも大事だが、人の命は限りがある。どうか、手おくれにならないようよろしくお願いいたします。   





トランプ大統領とアメリカの真実
日本文芸社
副島 隆彦

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by トランプ大統領とアメリカの真実 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


トップへ | みんなの「トランプ大統領」ブログ

おのじゅん 小野口純子 トランプ大統領のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる