小野口純子

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔法の液体

<<   作成日時 : 2015/04/10 21:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

食事をすると金銀プラチナ」について

この魔法の液体は、将来の防護服、護身服の製造法を根底から変える可能性がある。この液体をチョッキの中に埋め込むと、秒速450メートルで飛んでくる弾丸をとめ、さらには同様の防護服を着ているときに起きがちな致命的な跳ね返り現象を回避することさえできる。
  液体なのに埋め込むって、どういうこと 


製造元は、ポーランドの研究機関であるモラテックス。モラテックスは、今でも、この 「せん断増粘流体 (Shear Thickening Fluid)」 の成分については口を閉ざしている。

モラテックスのMarcin Struszczyk上席研究部長は 「防護層を通してしまうような貫通がない場合であっても、身につけている人が生命を落とすか、重傷を負うことがあります。ところがこの液体成分のおかげで、こうした脅威を100%回避できます。それは当社で、問題となる偏りを、4センチから1センチに減らすことに成功したからです」 といっている。 
   100%回避できるように問題となる偏りを減らせるようになったのなら、口を閉ざさなくてもよいのでは 


この液体は、いわゆる 「非ニュートン流体」 ではない。つまり衝撃を受けた時に発散してしまうわけではないのだ。液体が固くなることで衝撃を受けとめるわけでもない。受けたエネルギーを広い場所に分散させるのである。

このプロジェクトのコーディネーターを務めるKarolina Olszewska氏は次のように説明する。 「力が与えられたときの粘度変化という点で、この液体は他のものと異なります。液体構造内の粒子の従属関係により粘度が増加するのです。そのため、外部からの貫通要因に対し障壁がつくられるのです」 


モラテックスによると、この液体をベースとするソリューションは従来のケブラーをベースとするものより安全であるという。弾道テストを複数回したところ、様々な射撃に対する耐性が確認された。モラテックスでは、警察や軍隊がこの液体をベースとする製品を購入するのに時間はかからないだろうとしている。

この液体の別の用途としては、スポーツウエア、車のバンパー、道路の障壁などがある。 
   この魔法の液体は本当に信頼性があって実用化される見込みはあるのか 




引用 護身服の常識を覆す、"魔法の液体"とは?© 東洋経済オンライン 護身服の常識を覆す、"魔法の液体"とは?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
炭疽菌は美しい ? !
「魔法の液体」について ...続きを見る
小野口純子
2015/06/09 23:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
魔法の液体 小野口純子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる