小野口純子

アクセスカウンタ

zoom RSS ショーンK著書が高騰7万円超 私の著書も7万超 !!

<<   作成日時 : 2016/03/21 23:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

ゲス川谷の 「誰に謝ればいいの?」 発言に 」について

経歴詐称から出演していた全番組を降板したショーンKことショーン・マクアードル川上氏 (48) の著書が、オークション市場で高騰していることが21日、わかった。

川上氏の著書 「 『自分力』 を鍛える」 は2008年11月に出版された。

アマゾンのオークションには21日午後2時現在で3点が出品されており、それぞれ10000円、30000円、78201円の値がついている。

同書は川上氏が成功法をレクチャーする啓発書で、皮肉にも 「大事なのは学歴ではなく学習歴」 という記述もある。
 


7万円以上の値がついているというのは、別に著書を評価しての値段ではない。実は私が2007年に出版した 「嫌いな虫も時には友だち」 でも、1社が現在7万1,008円の値をつけている。  この高値はどういう意味があるのか知りたいと思っていた。

歴史的に大事な本でもないし、書いた私としては、なかなか面白い本じゃないの  と評価しているが、だからといって7万以上の値段を真に受けてはいない。五、六年前にこの値段を知ったときに息子と 「どうしてこんな値段がつくのかしら。こんな値段で買う人はいないよね」 「そうだよ」 なんて話をしたものだ。

それからも、時々amazonで自著を検索してみるが、997円より6中古品の中に、まだ7万以上の値がついている。川上氏の著書 「自分力」 もその類いではないかと思うが、話題の人で、オークションにかけられているとしたらその価値があるのかもしれない。

でも、話題の人でなく、名も知れぬ私が書いた著作物に高値がつくからくりを知りたいと思う。 誰か教えて  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ショーンK著書が高騰7万円超 私の著書も7万超 !! 小野口純子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる