小野口純子

アクセスカウンタ

zoom RSS バーベキューの残り火でやけど

<<   作成日時 : 2017/08/19 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

8月16日15時30分ごろ、砂浜で遊んでいた小学2年生の男の子が、浜辺に放置されていたバーベキュー用の炭を踏み、両足の裏をやけどする事故があった。男の子の家族と男の子が宿泊した温泉旅館が 「もう二度と同じ事故が起きてほしくない」 と事故を公表。編集部の取材に応じた。

事故があったのは、透き通るような海の美しさから 「積丹ブルー」 とも呼ばれる北海道積丹郡 (しゃこたんぐん) 浜西河の砂浜。北海道千歳市に住む小学2年生の男の子は、家族らとともに積丹郡に訪れていたが、当日予定されていた船釣りがしけで中止になったことから、砂浜で遊んでいた。

当初男の子はビーチサンダルを履いていたが、水際で遊んでいたときにはだしとなり、その後砂浜を歩いていたところ 「ギャーッ」 という叫び声をあげて泣き出したとのこと。近くにいた父親が男の子の両足の裏にやけどを確認した。

原因は火がついたまま放置されたバーベキュー用の炭。すぐさま足裏を冷やすなどの応急処置が行われたが、症状は快方に向かわず、男の子の顔色も悪くなってきたため、救急車で搬送され、病院で治療を受けた。 


バーベキューでにぎわう川べりでも起こり得る事故だ。花火をして遊んだら必ず火を消すのと同様に、火を使うときは横に大量の水を用意して遊ぶことだ。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バーベキューの残り火でやけど 小野口純子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる