アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「びっくり」のブログ記事

みんなの「びっくり」ブログ


はさみが壊れる

2014/01/18 23:55
ロングへアの効用」について

美容院で聞いた話。私の髪をカットしながら美容師が 「昔、本人に 『はさみが壊れる』 といったスタッフがいるのよ。ご本人が努力してもかなわないことをいっちゃだめよね」 と話しかけた。

「壊れるって、どういうこと  」
「そのお客様は髪の毛が多くて、毛の質も硬い人だったの」
「真ん中のかなめの部分が緩むの  」
「いや、歯がこぼれて切れなくなる」
「へっ   はさみの歯がこぼれるほど髪の毛が硬いの。うらやましい」

私は七五三のときに髪の毛が細くてやわらかくて、大きなかんざしがとまらずにずれ落ちている写真を思い出した。幸い今は髪の毛が抜け落ちてもポトリと音がするほど   そこそこしっかりした髪質になったが、はさみが負けるほどの硬い髪などと聞くと憧れてしまう。


その客の髪をカットした後は、毎回はさみを研ぎに出さなければならないのだそうだ。はさみはスタッフ個人のもので、確かに研ぎ代を負担することを考えれば、思わず客に 「はさみが壊れる」 といった美容師に無理もないと同情した。

しかし、美容師にはさみが壊れるといわれても、剛毛の持ち主は持って生まれたものだから途方に暮れてしまうだろう。 ねこっ毛の人とか薄毛に悩んでいる人は、神様は不公平だと恨み言の一つも出るに違いない。本当にうまくいかないものだ 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自動ドア

2013/08/19 05:00
車内での傘の置き場所」について

40年以上前は、自動ドアなどデパートとか、都心の少し高級な店にしかなかった。佐竹式速記 (早稲田式速記をさらに速度が出るようにと佐竹康平先生が発案した) を習っていたころの古い話。


速記の授業が終えて、先生方や仲間と昼食を一緒に食べようという話になった。     和食の店に最後に入った私が両手で静々と戸を閉めようとしたが戸はびくともしない。先に入った人たちが 「小野口さんがそこに立っていたらいつまでも閉まらないよ」 と大笑いしていた。

ドアではなく、格子戸のような和式の引き戸でも自動ドアとは驚きだった。 


今では駅の待合室だって自動ドアだ。 「軽く触れてください」 と書いてあるので触れようとすると、いきなり勝手にあくので驚くことがある。自動ドアが普及して久しいが、いまだにドアの前で驚く私は古代人かもしれない。 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ロングへアの効用

2013/05/03 23:56
車内での傘の置き場所」について

電車内で、前の挫折に座っている女性が大きく舟をこいでいた。隣に座っている男性が突然自分にどんとぶつかる勢いで女性が倒れ込んだので、驚いて横を見ていた。

その男性がおりた後は、遠慮なく  舟をこぎ続ける。隣はあいたからいっそのこと横になってしまえばといいたいぐらいに熟睡していた。

それとなく、何歳くらいの人かと様子をうかがうが、本人はうつむいているし、右左に倒れこむときには、歌舞伎の連獅子の毛ぶりよろしくロングヘアが顔にまとわりつくので、全く顔が見えない。茶髪だから、そこそこ若いのだと思うが、よほどお疲れのようだ。どこまで行くのか、乗り過ごさなければよいがと思いつつ電車をおりた。


車内で思わず睡魔に襲われたときに髪の毛が長いと、たとえ不覚にもよだれをたらしたとしても他人には見られない効用があることを発見した 
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


車内での傘の置き場所

2012/09/13 23:54
東京タワーの支柱で “歴史を叫ぶ ” !!」について

前の座席に座っていた若い女性の傘が音を立てて床に落ちた。本を読んでいた女性は傘を拾い上げると、座席の真下あたりをごそごそしていた。傘を足で挟むのだろうと思いながら、暇つぶしにさりげなく見ていた。

傘の柄を手首にかけて、また本を読み出した。よくある光景だ。しかし、足元を見て驚いた。何と、傘の先は靴の中に  差し込まれていた。小ぶりの日傘なので柄を手首にかけるには短い。かかとを持ち上げて高さを調整  していた。

靴のどこの部分に差し込んだのか、子細に観察すると、靴の中央部分、土踏まずの横にしっかりと差し込まれていた。どうやら最初はかかとに差し込もうとしたが、さすがに入らなかったらしい。それで足を少し上げるとうまいぐあいに靴の中央部分にすき間ができる。それどころか柄が手首にもかかる。彼女は短時間にいろいろと考えたらしい。 

靴と手首の2カ所と真ん中はひざで挟んでいるので、私が下車するまでの10分間、一度も傘は倒れなかった。   靴に先を差し込むなど、フツー、思いつかないと思うけれど、すごい置き場所を考えたものだ。再度、  
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0


プレリードッグのようなクマ

2012/03/08 16:03
クマも走る」について

Facebookの小太郎ぶろぐさんの情報提供による動画がおもしろかった。 :..Baby Bears Love Motorcycles

2月末の情報で、外国での話。

ゴロゴロくつろいでいる数十匹の子グマたちが、敷地内の通りを走るバイクのエンジン音が聞こえた瞬間、2本足で立ち上がって総立ちになる。バイクが遠ざかると、思い思いに木の上にはい上がったり、じゃれ合ったりしているが、再びエンジン音が聞こえると、ぴたっと遊びをやめて一斉に立ち上がる姿がかわいい。   

エンジン音を何度聞いても、驚いて反射的に立ち上がるのだろう。まるで太めのプレリードッグが群れをなして太陽を浴びているような光景だ。 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「びっくり」ブログ

小野口純子 びっくりのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる