私は見たⅣ 電車内で炊飯

私は見たⅢ 他人の鼻水を……」について

先日テレビで、込み合う電車の中で立ったまま口で割りばしを割いて弁当を食べる人がいて、それは毎日同じ人がやっているけれど、奧さんは知らないんでしょうねなどという話題で盛り上がっていた。電車が揺れた拍子に座っている人の頭に御飯が降りかからなければよいがと思いつつその話を聞いていた。   

立ったまま弁当を広げるのにも驚くが、私は以前、中央線の電車の中で釜飯を炊いている女性を見た。今どき女性がと取り立てていう時代ではないが、その光景を見ると、やはり “女性が” である。 


中央付近の座席にどかりと足を広げて座り、リュックの中からおもむろに小さなコンロと鍋を取り出して両足の間に挟むようにして置いた。そして鍋の中に御飯の素と液体を注ぎ入れた。

次にライターでコンロに火をつけた。宿泊施設などの鍋料理に使う固形燃料なのであろう。それにしても電車の中で火  を使うなんて   

多分、手軽に釜飯が炊けるなどという触れ込みのセットなのだろうが、車内がすいている日中の時間帯とはいえ、それを電車の中で食べようとする度胸に驚いた。    

何でもありの時代にオバサンは驚きつつも、私には考えられない若い人の行動を楽しませてもらっている。  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 下着を釣った名人

    Excerpt: 「私は見たⅣ 車内で炊飯」について Weblog: 小野口純子 racked: 2010-11-11 17:23
  • カニのような食べ方 !!

    Excerpt: 「私は見たⅣ 電車内で炊飯」について Weblog: おのじゅん 小野口純子 racked: 2018-04-07 23:57