打ち上げ花火は見上げるもの

あわてふためき × 4」について

江戸時代中期に始まった両国開き花火大会を継承し、関東随一の伝統的な花火大会として知られる隅田川花火大会が、3月11日に発生した東日本大震災の犠牲者への慰霊と一日も早い復興に願いを込め、被災地に向けて元気を届けることを目的に27日に開催された。ことしは34回目なのだそうだ。

隅田川の支流・北十間川の近辺にスカイツリーが建設中で、その展望台から見る隅田川花火大会の写真を独占入手したという記事が、写真とともに載っていた。

スカイツリー展望台からだと、ふだんどおりの目線の高さで花火を楽しむことができ、低い位置で炸裂する花火は見降ろす形で鑑賞することができるのだ。きっと誰もがこれまで味わったことのない興奮と感動を堪能することができることだろう。来年は河川敷や屋形船から見る光景とは一味も二味も違うスカイツリーからの花火鑑賞に、多くの見物客が集中することは間違いないという【東京ウォーカー】の記事だった。


この記事を読んで、ふだんと異なる目線からの花火は物珍しくて一時はよいかもしれないが、打ち上げ花火は、下から見上げるものとして “デザイン” されているのではないかと思う。スカイツリーができた以上、これからの花火師は、見下ろすことも念頭に入れてつくることになるのかもしれないが、展望台から見られるのはほんの一握りの人であろうから、やはり伝統の花火大会は下から見上げるものとしてつくったほうがよいのではないかと思う。

毎年、隅田川花火大会のテレビ中継を楽しみにしている者からすれば、スカイツリーの展望台から見る花火は、単にニュースまたは検証的な意味合いの番組にとどめておいてもらいたい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック