宝石泥棒に笑っちゃう

油断大敵」について

岡山県の31歳の宝石泥棒が、宝石店店主(73)の目を盗んでネックレスを持ち逃げしたが、追跡した店主が店の近くに止めてあった逃走用の軽トラックを佐藤容疑者のものと推理して、車に差し込まれたままのキーを抜いて交番に届け出た。戻ってきた容疑者は、やむなく軽トラックを一生懸命手で押して逃げようとしているところを、店主に発見され御用となったという楽しい  ニュースがあった。。

幾ら男盛りとはいえ、トラックを押して逃げようという発想がおもしろい。宝石だけ持って、走って逃げて逃走 したほうが逃げられる確率は高いのに、この軽トラックは単なる逃走用の車ではなく、容疑者が寝泊まりし生活していた “マイホーム” だという事情があり、置いたままにはできなかったんでしょうと、県警はあきれ顔だったそうだ。

車は店の左側にとめてあったのに右へ逃走したというから、かなり間抜けな泥棒だ。さっさと車に乗って走り去ればよいものをと、泥棒の味方をするわけではないが、つい間抜けな人の応援をしたくなる。

留置されれば住むところには困らない  



私が小学生のころ、母が 「年をとったる老人が 馬から落ちて落馬して 走って逃げて逃走した」 と、それこそ間抜けな文章の事例を教えてくれたことを思い出した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック