コメントのやりとりが ご縁で

ブログの背景」について

「ブッポウソウから復興相を連想した人がいた !!」 の私の記事をきっかけに、釣りのえきす・ブログのdotaさんのブログに、私にいただいたコメントに私がコメントし、それにまたコメントが載っている。ややこしいけれど、下記を開いていただいて記事の下のほうのコメント欄を読んでいただければ話が早い 
http://2ri-ex.cocolog-nifty.com/igosso/2011/07/post-d7fa.html

などというやりとりが数回あって、ひょんなことからメル友 になった釣りのえきす・ブログのdotaさんから、ご自身の作曲・編曲したCDが3枚届いた。  何と彼はプロの芸術家だった。

「恋少女ABC」 「恋泥棒三姉妹」 、そして未発売の1枚は、こっそりと聴いてくれ と。

2作品は、山本武雨 (やまもとむう) のペンネームで発売中だ。コミック 「BOYS BE …」 の原作者イタバシマサヒロさんの詩に曲をつけて声優が朗読しているもので、「恋少女ABC」 はゆったりとした曲、「恋泥棒三姉妹」 は最初は攻撃的な強さと思い、泥棒するには強くなければ務まらないと思ったが、全曲をじっくり聞いてみると、過激ではなく明るくてかわいい曲だ。

こっそりと聞いたほうも、落ち着いたドラマかドキュメンタリーのBGMとして挿入されたら素敵だなと思う。未発売のものを私にプレゼントされたことは、信頼感を持ってくださっているようで何よりもうれしい。

元NHKディレクターの和田勉さんを思わせるガハハの風貌 (失礼) なのに、穏やかで繊細なベース音というのだろうか、それがすばらしい。

 http://homepage3.nifty.com/2ri-ex/  ここにご本人と思われる映像が載っている。


残念ながらコミック 「BOYS BE …」 を私は知らないが、中学校のころの失敗を思い出した。
英語の時間にクラーク博士の有名な言葉を知っているかとの問いに手を挙げて 「Boys Be Ambitious 」 というところを 「Boys Be Anx'tious 」 といってしまった。でもでもいいじゃないのと思うが、たった1音で意味は大きく異なり、先生は 「心配事はないほうがよい」 てなことをおっしゃった。英語は、やはり恐ろしや……


槌田靖識 (つちだやすのり) さんというペンネームもお持ちだが、繊細な感性だけでなくユーモアのある方で、このたびの伝票に 「ワレモノ」 として、品名欄にABCDと書いてCDを丸で囲ってあった。受け付けた人は、ワレモノでCDのランクとは何だろうと考え込んだのではないだろうか 








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック