切ない交通事故

30日午後3時40分ごろ、茨城県大子町のトンネル内でミニバイクに乗っていた二十の男性が、対向車線を走ってきた乗用車と衝突して死亡した。皮肉なことに乗用車を運転していたのは、死亡した男性の母親だったという悲しい交通事故が起きた。 

死亡した男性が外出先から自宅へ戻り、息子を死亡させた母親は自宅から外出する途中だった。乗用車が車線をはみ出したのが原因とみられているそうだ。男性は即死ではなく、病院に運ばれてから死亡が確認されたというから、車線をはみ出して自分に向かってくる乗用車が母親の乗った車だと認識しただろうか。 
   

年の瀬に、偶然にも加害者であり遺族ともなってしまった母親の胸中を思うと、言葉がない。 


さて、29日に、仕事を含めて対外的な用事がすべて終わった。1年の疲れがどっと出る時期だが、そうもいっていられない。多少なりとも年末年始の買い物や食べ物の準備をし、細かいところは見ないようにして部屋の掃除も済んだ。

ことしは、夏から4カ月も、ひざのトラブルに悩まされたが、毎日欠かさず記事を書き続けられた。寝たきりにもならず、自宅で過ごせてパソコンで遊んでいられたことを感謝しつつ新しい年を迎えよう。


ブログを読んでくださった大勢の皆様ありがとうございました。ことしも残り5時間となりました。来年も皆様にとってよい年となりますように。   

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック