野生のナガコガネグモの日常 平成19年 親グモのほうから会いに来た !!

野生のナガコガネグモの日常 平成19年 いつ姿を消すかわからない」について

11月18日

午前11時
いやはや驚いた。布団を干そうとしたら大きく成長したクモが一番外側のさおから2センチくらいぶら下がっていた。10月8日に網戸の内側にいて 「そこは幾ら何でも近過ぎるよ」 と声をかけたら、2時間半後に姿を消した親グモだ。

一番長い前足は長さが5.5センチもある。体は頭部を入れて2センチ以上ある。ずっと庭のあちこちを見て、もう会えないだろうと思っていたのに、親グモのほうから会いに来てくれた。 

そのさおは巣立つまで使うことをあきらめ、それでも、もう少し他のさおから離したくてそっと外側に移動したら、親グモはゆっくりとさおにしがみついた。背中の色はくっきりと黒のしまが入っている。去年のクモの背中は濃淡の緑色だったが、これから変化するのか、またはやはり異種なのか今の段階では定かでない。

きょうは布団干しをやめようか……。取り込むときにたたいてしまうかもしれない。洗濯物はどうしよう。うれしいけれど、困った。 

午後10時半
親グモが帰ってきたと思ったら、今度は子グモの姿が見えない。強風が吹いているし、寒くなったので冬眠に入ったのか。親グモはさおにぶら下がったままだ。さおに複数の糸が巻きついている。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック