僕とおんなじだね ヒエッー 詰めが違うよ

大人は助からないかも……」について

たしか元日の午後だったと思うが、都内で震度4の地震があった。私は2階のトイレを使用中だった。ぐらっときたので身構えて様子を見た。ほんの少しして今度はグラグラと大きく揺れ出した。こりゃ本物だと、あわてて階下におりた。

「大きい地震だったね」
「え、そうお 動いていたから全然気がつかなかった」
「速報が出るからテレビをつけてごらん」
「ほんとだ。23区は震度4だ」

私と息子との会話を聞いていた孫息子が 「僕とおんなじだね」 といった。

   

しばらく考えて、何のことかわかった。

暮れに、3・11のときにどこにいたかという話をしたばかりだった。そのときに孫はトイレにいて、ウ○チをふかないで教室に戻ったことを思い出したらしい。

トイレにはいたけれど、私はちゃんと始末をして出てきたよ 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 寂しくなったなあ

    Excerpt: 「僕とおんなじだね ヒエッー 詰めが違うよ」について Weblog: 小野口純子 racked: 2012-01-28 20:10
  • 帰宅した途端に震度5弱

    Excerpt: 「僕とおんなじだね ヒエッー 詰めが違うよ」について Weblog: 小野口純子 racked: 2015-05-30 23:46