トンネル内のカシオペア

阿寒湖のマリモ 世界遺産登録なるか」について

JR北海道の寝台特急 「カシオペア」 の男性運転士(51)が青函トンネルを走行中に耳栓をしていたことが20日、わかった。

同社によると、運転士は今月16日夜、札幌発上野行き寝台特急 「カシオペア」 (13両編成、乗客158人)に乗務して、知内駅 (北海道) ― 津軽今別駅 (青森県) 間を走行していた同日午後10時7分頃から約10分間、両耳に耳栓をしていた。

この運転士が警告音に気がつかずに一定時間、何の操作もしなかったために乗務員の居眠りや突然の病気などを想定した非常停止装置が作動し、カシオペアはトンネル内で緊急停車した。

この運転士は 「トンネル内の騒音を軽減するために耳栓をしていた」 といい、JR北海道では 「レールを研磨してトンネル内の騒音を低減し、乗務員への指導を徹底したい」 といっているそうだ。


運転士がうるさいと感じて思わず耳栓を使用したということは、乗客もその騒音に耐えているのだろうか。一度 「カシオペア」 に乗ってみたいと思っているのだが、耳栓をするほど騒音がひどいのでは、たとえ10分であっても私には無理だ。夢が一つ消えた  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック