野生のナガコガネグモの日常 平成20年 小さな体が見えてるよ

野生のナガコガネグモの日常 平成20年 クモマジック」について

6月25日 

午後11時 
依然として巣を張りかえる様子はなし。


6月26日 

午前0時45分 
巣なし。かくれおびも1センチ5ミリのみ。 

午前2時 
激しく体を揺らしながら 「うんてい」 の動きで編み物のように糸を張る。糸の間隔は2ミリにも満たない。直径は12センチくらいなのに段数は多い。 


6月27日 

午前1時 
梅雨の晴れ間だが、曇り空だったのでごみはほとんどない。糸のような細いかくれおびに右向きにいる。巣を張りかえる気配はない。

 

6月28日 

午前1時40分 
巣を張りかえ中。かくれおびなし。足が短く、体が白くて丸い。本当に 〝うちのクモ〟かと半信半疑 

午前3時10分 
中央部まで巣が完成し、かくれおび作成にとりかかっている。現在かくれおびの長さは3センチだ。 

午後2時 
かくれおびの幅が1ミリ以上になった。クモは斜めのかくれおびの左端にいる。 

午後11時30分
巣はごみが付着したままで、かくれおびだけ作成中。 


6月29日 

午前10時 
木綿糸のような細いかくれおびだ。長さは6センチ5ミリくらい。このかくれおびの幅では、下側に張りついて隠れているつもりだろうが、丸見えだ。 


6月30日 

午後11時 
昼間、かくれおびの中央が1ミリ以上になった。長さは5センチ弱。明け方、私が  “プレゼント”  した青虫はアリが食べた。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック