野生のナガコガネグモの日常 平成20年  ずぼらなクモ が引っ越した

野生のナガコガネグモの日常 平成20年 卵胞から無数のクモの子が !!」について

7月9日 

午前2時50分 
ごみだらけの巣1センチ5ミリ下の層に巣を作成中。1時間後、4センチものかくれおびが完成し、中央に隠れていたが、幅が1ミリしかないので私からは丸見えだ。 

白い子グモがシンビジウムの葉とその近くに直線の糸をかけていた。10匹くらいはいる。その鉢と隣の鉢の間に体長5ミリくらいのクモがいる。足が長くて形は   “うちのクモ”  に似ているが、果たして何者か  


7月12日 

午前2時 
久しぶりに巣をきれいに張りかえた。かくれおびはまだない。多分途中で交代したであろう以前の   “うちのクモ”  は毎日張りかえていたが、今度の   “うちのクモ”  は、二、三日置きに巣を張りかえる。結構ずぼらだ。 

午前11時 
3センチ7ミリくらいのかくれおびに、クワイのような形をした茶色い袋から足が少し出ている。 


7月14日 

午前3時30分 
巣が新しくなったが、かくれおびはない。 


7月15日 

午前3時20分 
また巣を張りかえたが、かくれおびはない。 

午前11時 
巣は古いまま。長さ4センチのずんぐりしたかくれおび。


7月17日 

午前2時30分 
二日ぶりに巣が新しくなった。かくれおびはない。 


7月19日 

午前11時30分 
古い巣のまま。かくれおびから3センチほど離れたところにクワイ状の袋あり。


7月20日 

午前9時 
巣はぼろぼろでかくれおびは3センチ弱。クモの姿はない。上の層に小さな殻が風に揺れている。 

午後6時 
クモの姿なし。えさを求めて出かけたにしては留守が長過ぎる。どこかに引っ越しをしたのだろう。 

こんなことなら、明け方3時過ぎに就寝するときクモの姿を確認すればよかった。せっかく除湿をしたからと雨戸をあける手間を惜しんだために   “うちのクモ”  との別れができず残念なことをした。   多分そのころは、まだいたのだろうに……
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック