妖怪いちご大福

学名 カワイイ」について

谷中霊園からやってきました」 という毎日新聞の見出しが 


口コミで人気を集めている 「妖怪いちご大福」 東京都荒川区西日暮里2の和菓子店 「江戸うさぎ」 が昨年発売したユーモラスな商品が、人気を集めている。

きっかけは、店長の横尾文乃さんが何となく描いたお化けのイラスト。 こんな感じのイチゴ大福はできない 

職人は首を横に振ったが、試行錯誤するうちに切り込みを入れて顔にするアイデアを思いつき 「近所の谷中霊園からやって来た妖怪」 というコンセプトができた。社内の評判は 「気味が悪い」 と散々だったが、今では1日に300個が出る一番の売れ筋で1個210円だそうだ。

「手づくりなので、この子たち、一個一個表情が違うんです」 と横尾さんがいうように、中に詰めたイチゴの向きによっては、笑っているように見えたり、  あっかんべえをしているようにも見える。  ゴマ粒のような小さな目は、まさしくゴマらしい。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック