辛坊氏遭難事故 うわさのとおりなら白ける

24時間テレビ まだ必要か」について

小型ヨット 「エオラス号」 で太平洋横断中に遭難し、宮城県沖で救助されたニュースキャスターの辛坊治郎氏 (57)。しばらく “謹慎” するという辛坊氏だが、航海の様子を報告してきたブログ記事を削除したことに疑問の声が上がっている。

削除されたブログのうち、14日の記述は、大阪から福島に向かっての航海中ヨットの先端部分の棒の根元から漏水していることがわかり、荒れた海でない限り漏水しないとして内部から充填剤を入れて対処することにした、という内容だった。 (解体しての修理には2日間かかるようだ)


梅雨さなかの天候が不安定な時期に、出港を急いだように見えたことから、ネットでは 「日本テレビの 『24時間テレビ』 に合わせる計算だったのでは  」 といぶかる声が上がっている。


私もこの “うわさ” を読んで、チャリティー番組のために視覚障害者とのコンビだったのかと納得してしまった。真相はどうかわからないが、24時間テレビは、あらかじめ事を進めて当日の放送に至るのだとも知った。過去の登山にしても、荒波を泳ぐにしても、確かに生放送ではない。そう考えると、この “うわさ” は真実味を帯びてくる。


もともと米サンディエゴへのゴール予定は8月10日前後で、24時間テレビの放送予定 (8月24~25日) とはかなりずれている上、番組公式ホームページにも今回のヨットが番組企画であるなどとの記述はない。時期が近かったので臆測を呼んでいるが 「系列の読売テレビが全面的にバックアップした企画。成功していれば2人をゲスト出演させたりドキュメント映像を紹介したりするのはテレビ的には当然。タイムラグはそのための準備期間とみえなくもない」 (番組制作会社ディレクター)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック