まわしから手を離したら見えちゃう ? !!

私は見ていた 担架で運ばれ 」について

きのう4日目の幕内の取り組みで、まわしを締め直すために二度取り組みを中断するハプニングがあった。

西前頭13枚目の時天空 (34=時津風) と東前頭10枚目の佐田の富士 (29=境川) の一番で、もろ差しを許した佐田の富士のまわしが緩み、行司の木村晃之助 (48) が両者をとめて締め直した。しかし、勝負再開直後に再び外れて二度目の中断。佐田の富士のまわしが短いために苦戦し、朝日山審判長が控えにいた嘉風 (31=尾車) にも締めるよう促した。

しかし 「自分が進行係ですから」 と、土俵に上がった嘉風を制した晃之助の手によって再び締められ、二度目の再開。立ち合いから3分以上、取り組み時間だけでも1分41秒かかった一番は結局、そのまま時天空が寄り切った。 行司魂に 


敗れた佐田の富士は 「いつもと同じ長さ。そんなに短いはずはないんですけど…。両方 (下手を) 取られていたので緩んだのかなぁ」 と首をかしげた。勝った時天空 も「(待ったの際) 行司さんは 『手を離すな』 といっていたけど、離さないと (まわしを) 引っ張れなかったよね」と苦笑いだった。

行司は、なぜ手を離すなといったのか  手を離すとまわしが外れてイケナイものが見えてしまうから   それとも取り組みの形が変わるのをおそれて   どっちかなあ 
 

ただ、その2人をさしおいて一番の “被害者” は嘉風。 「審判に、行けといわれて行ったんだけど、土俵に上がったら、行司さんに 『いいよ』 といわれて…。めっちゃ格好悪かった」 と、すごすごと土俵を下りざるを得なかったことに恥ずかしがっていた。

格好悪いなんて恥ずかしがることはないよ  そのおかげで 「土俵上に力士が3人 !! 」 という写真の説明がついたし、それに私が興味を持って、内容を読んだおかげでこの記事が書けたのだから。 ありがとうよ 

ハプニングはテレビの裏話だけではなく、初場所にもあったなんて、大いに楽しめた 


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 稀勢の里 涙の引退会見

    Excerpt: 「まわしから手を離したら見えちゃう ? !!」について Weblog: おのじゅん 小野口純子 racked: 2019-01-16 21:58