小保方晴子さんの快挙は孫にも影響を

30歳の小保方晴子さん率いるチームが開発したSTAP (新型万能細胞) のニュースは、小学5年の孫息子にも知れ渡り  もう実用化しようと考えていることに驚いた。

先週泊まりに来たときに、ずっとサッカーを続けるのかと聞いたところ、パパが車出しをできなくなるかもしれないといった。会場への送り迎えのことか   △△がもう少し大きくなったら自分で行けるようになるからなどという話から、唐突に彼はあと9年たったら二十歳になるといった。

「二十歳か……それまで私は生きているかしら。6年後の東京オリンピックまで元気でいられるかどうかもわからない」
「若返れば大丈夫だよ」

どうやら若返り細胞に期待しているらしい。

「若返って赤ちゃんになったら、△△がミルクを飲ませて育ててくれる  」
しばらく考えて、それでは手がかかり過ぎると思ったのか 「10歳になればいいよ。何をして遊びたい   どこに連れていってほしい  」 と彼はいった。

10歳になった私を彼は面倒見てくれるらしい。ありがたい話だ。

遠慮なく 「遊園地に行って、動物園に行って、△△とトランプとか、いろいろなことをして遊びたい  」 と頼んでおいた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック