120日と4カ月の違い

逃走罪は適用されない」について

大阪府警吹田署は28日、運転免許の停止期間を過ぎていたのに、道交法違反 (無免許運転) 容疑で同府吹田市の男性 (21) を誤って逮捕したと発表した。実際は 「120日間」 の免停だったが、署員が 「4カ月間」 と勘違いしたことが原因で、男性は約1時間半後に釈放された。

同署によると、男性は27日午後7時20分ごろ、免許証を携帯しないで吹田市内で物損事故を起こし、駆け付けた署員3人に 「免停だったが、数日前に終わったと思う」と説明。府警本部への照会で 「2013年10月28日から120日間の免停」 と判明した。

実際には 「今月24日まで」 だったが、署にいた巡査部長 (40) が無線で 「免停4カ月だから今月28日まで。無免許や」と誤って指示し、現場の署員もうのみにして午後8時ごろ男性を現行犯逮捕。その後に誤りがわかり、釈放した。


この記事を読んで、120を30で割って、4カ月だと思うのになぜだろうとしばらく解せなかった。 実際には…… のくだりをようく読んで  やっとわかった。きっちり日にちで計算するのだ。30日の月もあるし、31日の月もある。免許を持っている人はすぐわかったのかもしれないが、私は免許を持っていないので、交通法規がぴんとこなかった。   

でも、署員はいわば専門家だよね   勘違いして逮捕しちゃいけないよ。なんて、偉そうに 

2月が含まれるときは要注意。4カ月たって終わったと思っても、まだのときがある。などと思うのは、やはり素人だから   免許を持っている人は日にちをしっかり数えることが常識なのかもしれない。それより、運転免許停止にならないようにすれば何も問題ない。 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック