座薬に針

あってはならないことが多過ぎる」について

製薬大手ノバルティスファーマは4月21日、同社が製造する医療用座薬 「ボルタレンサポ」 に針のような金属が刺さっているのが愛知県内でも見つかったと発表した。

4月14日に埼玉県で同じ製品に針が刺さった状態で見つかったというニュースを見て、使用する前でよかったと思った。万が一、気がつかないで体内に入ったら、どういうことになるのか、想像するだけで恐ろしい。 

それなのに16日には千葉県でも同様の事件が起きた。今回で3件目となる。愛知県警では何者かが包装の上から座薬に針を刺したとみて偽計業務妨害の疑いで捜査していると、朝日新聞デジタルが報じている。

同署によると、名古屋市北区の男性 (42) は18日に北区内の薬局でボルタレンサポを5錠処方された。19日、このうち4錠に約3センチの縫い針が刺さっていることに気づいた。使う前で、けがはなかった。男性は座薬を薬局に持参し、薬局が同社に連絡した。同社によると、製造過程で針が混入した可能性は極めて低いという。


これだけ多くの事例がニュースになると、同様の座薬を処方された人は十分気をつけるだろうから、被害はないに違いない。 

もしも犯人が座薬を必要としたときに、めぐりめぐって針入りの座薬を使うことだってないとは限らない。ばかなことはすぐにやめて自首し、どことどこに混入させたか白状しろ 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック