盲導犬虐待 

埼玉県で7月、全盲の61歳の男性が連れていた盲導犬が電車内か駅周辺で何者かに刺され、けがをした。 職場に到着後、男性の同僚が盲導犬のオスカーが着ている犬用シャツに血がついているのに気がついた。先端が鋭くとがった千枚通しのようなもので腰の辺りを2、3か所刺されていた。動物病院で手当てを受けて回復し、現在は元気に男性と生活している。県警は器物損壊容疑で捜査に乗り出した。

たとえ犯人が見つかっても器物損壊罪にしか問えないとは情けない。犬には体温もあり、感情もあり、服従心もあり、ヒトになじむ愛すべき動物だ。決して器物ではない。  

男性は8月28日、被害届を提出し、同署が防犯カメラの解析や聞き込みなどの捜査を進めている。シャツには穴はなく、何者かが意図的にシャツをめくり上げて刺した疑いが強いという。男性が東川口駅で下車して立ち寄ったコンビニの防犯カメラの映像ではすでにけがをしており、電車内などで刺された可能性がある。

盲導犬はパートナーに危険を伝える際などを除き、無駄な声を上げないよう訓練されているので、オスカーは刺されても痛みをこらえて鳴き声を我慢したとみられる。 


犯人は盲導犬の特質を知った上で犯行に及んだことは明らかだ。卑怯なやり方に、犯人が捕まったらその尻にフォークでぐさぐさ突き刺す刑罰を科したい。その際、一言でも苦痛を訴えたら犬以下の人間だ。刑を終えたら訓練に訓練を重ねて一生 “盲導人間” として生きるがよい。 



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック