インド エローラ石窟寺院群

動く戦車が買える !!  オーマイゴッド」について

エローラは、インドのマハーラーシュトラ州、アウランガーバードから30Kmほど離れた村で、ここに世界的に有名なエローラ石窟寺院群がある。

これらの寺院は垂直な崖に掘られており、一つの寺院は1個の巨大な石を彫ったものだというから驚いた。写真を見ると、 寺院の中は広々として、さまざまなつくりになっている。大きな岩をくりぬいて建物にしようと思い立った先人に感服する。

この石窟寺院群は典型的な遺跡として知られていて、世界遺産であり、アンコール・ワットやピラミッドと並び、世界遺産の中でも最も印象的な遺跡の一つだそうだ。手彫りでこつこつと掘ったに違いない。一体どのくらいの年月をかけてつくり上げたのか。   



34の石窟が、シャラナドリ台地の5世紀から10世紀の間に造られた仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教の石窟寺院や修道院 (あるいは僧院、僧坊) などから構成されている。 仏教寺院 (仏教窟) の数は12窟で、石窟寺院群の南端に位置する第1窟から第12窟がそれにあたる。ヒンドゥー教寺院 (ヒンドゥー教窟) は第13窟から第29窟までの17窟、北端に位置する第30窟から第34窟までの5窟がジャイナ教の寺院 (ジャイナ教窟) となっている。 それぞれ石窟は近接している上につくられた時期も重なっており、これらの事実はインドにおける宗教の寛容性を表している、といえるだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック