猫を生き埋めにした男性教諭 育てた親も情操教育が必要

暴力行為まで男も女もない時代 」について

10日以上も前だが、高校教諭が学校敷地に生徒に穴掘らせて子猫4匹生き埋めにしたというニュースがあった。 

千葉県船橋市の県立高校の30代の男性教諭が、生まれたばかりとみられる子猫5匹を学校の敷地内で見つけ、少なくとも4匹は生きたまま埋めていたことが23日、県警などへの取材でわかった。同校の聞き取りに 「混乱していてどうすればいいかわからなかった」 と話しているといい、県警船橋東署が動物愛護法違反容疑での立件も視野に調べを進めている。 

混乱していたといっても、生きている猫を生徒たちに穴を掘らせて埋めることはない。自分で判断できなかったら、生徒たちに聞けば適切な助言をもらえただろうに。    高校生だって、それはいけないとわかることだ。教師免許を返上して義務教育からやり直せ 


昨今の暴力的な子どもたちはいつからこんなふうに育ったのだろうと思っていたが、30代の人間も既に情操が豊かでないことが発覚した。ということは、30代を育てた年代も情操教育や道徳教育をやり直さねばならないということか。 

教育関係者は、何が悪かったのかよく研究して、子どもたちを教育する指針を練り上げてもらいたい。子どもをいじめたり、仲間をいじめたり、動物をいじめたり、いい加減にやめてもらいたい。 




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック