13日の金曜日の法則

靴底や衣類についたガムの取り方」について

13日の金曜日というと、何となく不吉な日として知られている。しかし、実は事故発生件数が他の曜日より少ないそうで、13日の金曜日には不幸なことが起きると漠然と思われているために、人々が外出を控えたり、注意深くなっているからかもしれないという。


13日の金曜日の法則とは、毎年必ず1回はあり、その数は年により1~3回の範囲なのだが、ことしは計3回もある。それは、1日が日曜日の月が3回あるから。カレンダーを眺めてみると、本当に2月と3月、そして11月の1日が日曜日だ。 


2015年は一番多い3回で、ことしはちょうど一番多い年に当たった。一番多い年に当たったって、何かいいことがありそうな 



調査では13日の金曜日は 「事故が少ない」、でも 「入院は多い」 の両方の統計結果がある。みんな用心して出かけないから事故は少ないというのはわかるが、なぜ入院が多いのか。   それは不吉な日に出かけて事故を起こし、入院する人の確率が高いのだそうだ。 

やはり、13日の金曜日は不吉な日なのか  


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック