帰宅した途端に震度5強

僕とおんなじだね ヒエッー 詰めが違うよ」について

帰宅して着替えを済ませ、トイレに入った途端にグラグラグラグラと体が揺れた。、疲れて目まいかと思ったが、目の前にあるカレンダーが大揺れしていた。 

地震だ   一瞬、座るのをやめようかと腰を浮かしたまま考えた。長い時間揺れていた。このまま避難することになったら大変だ  やっぱり用を足しておこうとどっかりと腰をおろした。 

多分、入浴中だったとしても、今度いつ入れるかわからないからと、しっかり体を洗って洗髪まで済ませるのだろうと思った。しかし、 建物が倒壊してクレーン車で素っ裸のままつり上げられたら恥ずかしい。入浴中の地震だったら、何はともあれ服を着たほうがよいかもしれない。 

危機管理というか優先順位を考えておかねば…… 


それにしても、あと20分帰りが遅かったら、電車がとまってまだ帰れなかったかもしれない。私はなんと運のよい人間なのだろう。  


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 猫1匹漁船で避難

    Excerpt: 「帰宅した途端に震度5強」について Weblog: 小野口純子 racked: 2015-06-01 18:38