いじめ対策 いつだって後手後手

中2男子自殺 間接的な殺人」について

いじめを苦に自殺したとみられる名古屋市西区の市立中1年の男子生徒 (12) が、心理テストで 「支援が必要」 と判定されていたことがわかった。市教育委員会が10日の臨時会で明らかにした。同校は死亡の数日前に結果を把握しており、委員から 「危機感とスピード感が足りない」 と批判の声が上がった。 

名古屋市立の小中学校では子どもたちの状況を把握するため、民間の心理テストを実施している。同校は年2回行い、男子生徒は6月のテストで「学級生活に満足できていない」、10月には「支援が必要」との結果が出た。「支援が必要」とされたのはクラス29人のうち、この生徒を含む2人だけだった。

10月の結果が同校に届いたのは28日。11月上旬の校内会議で、スクールカウンセラーへ相談するか判断する予定だった。だが男子生徒は同月1日夕、地下鉄のホームで電車に飛び込んで自殺した。

市教委が中学校の全生徒を対象に行った調査では、延べ80人がいじめを知っていたと回答する一方、学校側はいじめを把握していなかった。 

何年も前からいじめを苦に自殺する子どもたちが多いのに、いじめを把握していなかった学校、そして心理テストで支援が必要とされていたのに、月がかわってから事務的にスクールカウンセラーへ相談するか判断する予定だったなど、何のための心理テストかわからない。年に2回も行っているというのは、単に教育に力を入れているというパフォーマンスにすぎない。 


いつから子ども同士で “いじめ” がはびこるようになったのか。大切な子どもの命をいじめや虐待から守るにはどうしたらよいのか、教育関係者、さらにいえば文科省が真剣に考える問題だ   政府も少子化対策の前に、まずは生まれて育っている子どもたちの命を守ることに力を注いでもらいたい。よろしく頼みます。  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック