リュウグウノツカイ

エイの干物 笑っているのか驚いているのか」について

幻の深海魚といわれる 「リュウグウノツカイ」 が8日朝、新潟県佐渡沖の定置網に生きた状態でかかった。生きたまま捕獲されるのは非常に珍しいという。

「リュウグウノツカイ」 は8日朝、佐渡の両津湾内で内海府漁協の定置網にかかっているのが見つかった。 「幻の深海魚」 といわれるリュウグウノツカイは、全身が銀色で鮮やかな紅色の背びれや腹ひれがあり、押しつぶされたような平たい体形が特徴だが、詳しい生態はわかっていない。今回水揚げされたのは体長3.3メートル、体の幅が最大26センチあった。 

おとぎ話の世界のような名前がいい   それが3.3メートルもあるなんて、驚きだ。体の幅だって、私と同じくらい   

生きたまま捕獲されたのは非常に珍しく、内海府漁協の職員は 「実際、動いているところは、なかなか見られないので、とても貴重な体験をさせていただきました」 

このリュウグウノツカイは、新潟市の水族館 「マリンピア日本海」 が引き取り詳しく調べることにしている。


リュウグウノツカイの映像  瞳に意思を感じる    

   
http://grapee.jp/17671

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 大き過ぎて測れない

    Excerpt: 「リュウグウノツカイ」について 深い海に生息する巨大生物のダイオウイカ。先月、鳥取県で発見され、話題となったが、21日、隣の島根県でも見つかった。 Weblog: おのじゅん 小野口純子 racked: 2019-02-21 23:59