ざんげ

早とちり」について

きのう、植物に水やりをしていて、アボカドの葉に、枯れ葉を何枚も丸めたような形の不気味な生物がついているのを見つけた。それが三つも   飛びついたりしないようなので、枝をフェンスの外側に出して葉ごと切り離した。1個はフェンスの内側の、鉢の裏側に落ちてしまった。手が届かないところなので、そのままにしておいた。

気になって外に落ちた2匹の様子を時々見たが、かすかに動いているようだが、移動はしていない。 

初めて見た多分虫だと思うが、名前がわからないのでネットでいろいろ調べたところミノムシらしく、画像を見ると、我が家のは縦4センチ、横3センチくらいの俵型で少し丸いが、それに違いない。


そうとわかってからは、地面に落ちた2匹が鳥に食べられはしないか、雨が降ってきたが大丈夫かと気が気ではない。1匹は近くの背の低い雑草の陰に隠れていたが、もう1匹は一緒に落ちた葉にとまったままだった。

夜、何気なくアボカドの木を見たら、何と鉢の陰に落ちたミノムシが上に戻っていた。


ミノムシならば歌にもあるくらいだから人間に悪さはしないだろう。邪険に葉っぱごと切り離して私の手の届かないところに捨ててしまったことを後悔した。きょうは日差しが戻ったが、アスファルトの上で焼けてしまうのではないかと、それはそれで心配だった。一緒に落ちた葉をほんの少し食べたらしいので、アボカドの葉を切って地面に落とし、ほうきの先でミノムシのそばに押しやった。

邪険にしてしまった私がいうのも無責任だが、ごみのような姿形なので鳥に食べられることなく無事に羽化できればよいがと、ざんげの気持ちでいっぱいだ。ごめんなさい。  


ウィキペディアに載っていた我が家のものに近い画像 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Canephora_hirsuta_1_beentree.jpg 

各自治体のレッドリストで 「絶滅危惧種」 に選定されている虫だそうで、ミノムシの幼虫は摂食後の枯れ葉や枯れ枝に粘性の糸を絡め、袋状の巣を作って枝からぶら下がることで有名です。ミノムシは、正式にはオオミノガという蛾の幼虫を指します。この幼虫が、周辺の枯葉や枝で作ったミノに入ったまま越冬し、春に蛹化し、夏に羽化するわけです。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • クモは虫ではありません

    Excerpt: 「ざんげ」について   我が家のアボカドの木にいたミノムシを調べていて、 各自治体のレッドリストで 「絶滅危惧種」 に選定されている虫だとウィキペディアに書い.. Weblog: 小野口純子 racked: 2016-07-07 23:43
  • コゲラが来た !!

    Excerpt: 「ウズラのよっちゃん」について Weblog: 小野口純子 racked: 2016-11-19 20:52
  • ことしもミノムシがやってきた

    Excerpt: 「ざんげ」について Weblog: 小野口純子 racked: 2017-04-28 23:58