ポケモンGO (ゴー) の功罪

車などを運転中、スマートフォン向けゲームアプリ 「ポケモンGO(ゴー)」 をしていて起きた交通事故が、少なくとも11都道県で36件に上っていることが25日、警察庁の集計でわかった。

死亡や重傷に至ったケースは確認されていないが、同庁担当者は 「運転中の携帯電話使用は道交法で禁じられている。改めて使用をやめるよう注意を呼びかけたい」 としている。

各警察本部から25日午前11時半までに報告のあったポケモンGOの使用をめぐる事故と取り締まり状況を集計した。自転車が絡む事故を含め、少なくとも人身事故が4件、物損事故が32件確認された。道交法違反による取り締まりは26都道府県で71件だった。

昨年1年間で携帯電話の使用などが原因で起きた事故は、死亡30件を含む1954件で、取り締まりは103万5,226件。  時事通信 7月25日(月) 19時36分配信
 


世界じゅうで夢中になっているという 「ポケモンGO(ゴー)」 だが、私はそんなものを捕まえて、闘わせて、捕虜にして、育ててなどという時間はないからゲーム自体に関心はない。第一、スマホも持っていないし …… 
 
しかし、事故が心配だ。ゲームをやっている人が池に落ちたり芝生に突っ込んだりということは、自己責任だから構わない。でも死亡事故につながったら家族もいることだから、そんなのんきなことはいっていられない。 

それよりも、交通事故が心配だ。目の前に飛び出た人をはねてしまったりとか、避けようとして対向車線にはみ出して事故を起したりなどということが必ず起きる。そのときの運転者の責任はどうなるのだろう。


このゲームによる経済効果は莫大なものがあるというが、それにも劣らぬような重大な問題が絶対に起きるに違いない。その責任はどうする  



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ほらほらほらほら

    Excerpt: 「ポケモンGO (ゴー) の功罪」について Weblog: 小野口純子 racked: 2016-08-07 23:58