猪木参院議員が北朝鮮訪問

鳩山さん、病んでいますか」について

アントニオ猪木参院議員 (73) が13日夜、北朝鮮への訪問を終えて帰国し、東京・羽田空港で会見を開いた。今回は14年8月以来2年ぶり31度目の訪朝で、スポーツ交流が主な目的だったという。

帰国後の入管の段階で、別室に連れていかれたといい 「出てくる時にも。小ざかしいというか、嫌がらせというか。あの人たち (職員) に罪はないが、腹が立つ。現役だったら、ぶっ飛ばしてやる」 と怒りを漏らす一幕もあったが、北朝鮮が5回目の核実験を強行したこの時期に行けば、入管で何かしらの “事情聴取” があることは当然だ。 それに腹を立ててぶっ飛ばしてやるとは何ということだろう。 

それよりも、この時期に北朝鮮を訪れるのは控えようと思うのが国会議員の立場だ。73歳にもなる大人なのだからわかるでしょ  



核実験については朝鮮労働党本部で、同党国際部門を統括する李洙■ (リ・スヨン) 副委員長と約1時間半会談した中で、9日に5回目の核実験を行ったことについて、李氏から 「核実験は日本に向けてのものではなく、米国に対して我々の国威を示そうとしたもの」 と説明されたことを明らかにした。 ※■は土ヘンに庸

そして 「 『(核実験は)日本に向けたことじゃない。安心してください』 といっている。通常の流れの実験だとも説明があった」 と、すっかり丸め込まれているではないか。


では政治家として、拉致問題の解決に一肌脱いだのかと思えば 「制裁が最優先なので、できるだけ触れないようにした。ただし、同僚の議員が深く切り込んだ話をした」 と、同行した日本維新の会の松浪健太議員が話をしたことを明かした。そして 「今後、進展する方法をどうすればいいかと。今の状況は制裁。 (北朝鮮側では) 日本に問題があるのではないか、という話だったと思います」 と語った。 

拉致の進展しないことも日本に問題があると責任をなすりつけられて帰国した。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック