落ち穂拾いの鳥たち

早くもツバメの夫婦が巣づくり」について

国の特別天然記念物タンチョウが餌を求めて、今年も釧路管内鶴居村の畑に姿を見せている。越冬地へ移動途中の渡り鳥も続々と飛来し、村内には野鳥の声が響いている。

鶴居村下久著呂 (しもくちょろ) の収穫後のデントコーン (飼料用トウモロコシ) 畑では、朝日が昇るにつれて地表を覆っていた霧が晴れ、タンチョウやオオハクチョウ、オオヒシクイなどが次々と降り立ち、刈り取りで落ちた実をついばみ始めた。


   
http://blog.goo.ne.jp/ticktack946/e/c277de4fa45a79ccb322cc30377e2b1f


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「落ち穂拾いの鳥たち」について

    Excerpt: 「落ち穂拾いの鳥たち」について https://mainichi.jp/graphs/20190613/hpj/00m/040/007000g/5 Weblog: おのじゅん 小野口純子 racked: 2019-06-13 23:59