プライバシーどこまで 

覚せい剤を使用した疑いで逮捕された歌手のASKAさんが、逮捕直前に乗ったタクシー車内の映像が、テレビの情報番組などで公開されて、インターネット上で物議を醸している。

ASKAさんは11月28日午後8時20分過ぎ、警察に用意された車に乗って、自宅から警視庁へ出頭した。これに先立って、外出していたASKAさんは同日午後6時半ごろ、大勢の報道陣が待ち構える自宅前にタクシーで戻って来ていた。

このとき乗車したタクシーに搭載されたドライブレコーダーの映像が11月29日、テレビ各局の情報番組などで公開された。その映像には、タクシーの後部座席に乗ったASKAさんが、運転手に対して指示している様子が映っていた。

映像は、タクシー会社か運転手が提供したものとみられるが、ネット上では 「プライバシーの侵害になるんじゃないか」 「どこのタクシー会社だ?」 「犯罪捜査以外に第三者に渡していいものか」 といった疑問の声が多数挙がっている。 

この映像を提供したタクシー会社または運転手は、捜査関係者ではなく一般のメディアに映像を提供してはいけない。映像の取り扱いも、防犯カメラと同じように勝手に流出てはいけないことを徹底したほうがよいと思う。うっかりタクシーに乗れやしない。    



このほかにも、逮捕される前にASKAさんが外出から帰宅したときに、車からおりる姿を撮ろうと、もみくちゃになって取材陣が殺到して車のフラッグをへし折ったり、踏んづけたり、大変な騒ぎだったようだ。

他人の汚点をそこまで暴き立てなくてもよいのにと思う。悪いことはきちんと裁き、裁きを受けて戻ってきた人には温かく見守ることが必要なのではないか。車の中をのぞき込むようにしてまで写真を撮る必要はない。 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック