台風3号の被害状況かと思ったら

台風3号」について

昨夕、テレビニュースで、大雨で濁流に飲まれる車や家屋の映像を見た。てっきり台風3号の爪跡の話だと思った。関東地方は2時間ほどで無事に通り過ぎたが、大変だったのだなと気の毒に思っていた。

ところが、これは台風の影響ではなくて活発な梅雨前線の影響で、九州北部などで5日、猛烈な雨が降り、気象庁は、重大な災害の危険が差し迫っているとして、福岡県と大分県に大雨特別警報を出した。 


大雨特別警報は数十年に1度の重大な災害が迫った時に出される。最近では、2015年9月の関東・東北豪雨や昨年10月の台風18号の際にも出された。


台風の後でこのような惨禍に見舞われているとは知らなかった。   


九州北部は6日、活発な梅雨前線の影響で記録的な大雨が続き、福岡県朝倉市で4人、大分県日田市で2人の計6人の死亡が確認されたという。これから被害状況が明らかになるにつれ、各地でもっと多数の犠牲者が出ることだろう。

避難所では食糧が足りなくてカップラーメンを分け合って食べているとも聞く。自然災害とはいえ、台風一過の後に何というむごいことが起きたのだろう。  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック