高反発枕 

寝る姿勢で認知症になる確率が高くなる」について

枕といえば低反発枕がよく知られている。1年余前に、4割引  の値札に思わず高反発枕を買った。枕はいろいろ持っているので衝動買いといえる。相変わらず○○引きに弱い。 

帰宅して早速寝転がって試してみた。エエッと飛び起きたのはなぜか   と、クイズを出して今遊んでいるわけにはいかない。答えは、余りの硬さに驚いたのだ。ブロックの上に頭をのせたような感触だった。 

これでは安眠どころか、うたた寝もできないと思った。せっかく買ったのだから仕事用の座布団がわりにしようか、あるいはクッションにでも使用するしかないと、衝動買いを反省した。 

最近、何気なくその “ブロック枕” を使ってみた。何と、とてもぐあいがよいのだ。買った直後とどう体が変わったのかわからないが、安心して頭をのせていられる。 なかなか眠りにつけない体質で、今までにいろいろな枕を買った。通販で結構なお値段の枕など、枕の中央がくぼみ過ぎて、枕の用をなさないものもあった。 

それらの数ある枕の中で、一番具合がよいのがこの高反発枕だ。これはお勧めだ。  ただし、最初の硬さにびっくりして諦めてはいけない。何度かおしりの下に敷いて  少しやわらかくするとよいかもしれない。   ○○引きなどの高反発枕を見かけたらお買い得だよと、寝具店の宣伝をしておこう。ただし、ある程度名の知れた専門店のものが安心かもしれない。 


低反発枕と高反発枕の特性を調べたので、ご参考までに  

低反発枕は睡眠中、頭が埋もれてしまうのでなかなか寝返りなどを打つことができません。
しかし、高反発枕は、弾力性があるので、寝返りが打ちやすいということが指摘されます。そして寝返りは、睡眠中に体がこってしまった場合の一種のストレッチですので、寝返りを打ちやすい高反発枕は慢性の体のコリ・疲労感がある方にはとてもおすすめできるものということができます。
 

  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック