羽生結弦のくまのプーさん

羽生結弦 NHK杯フィギュア欠場」について

フィギュアスケート男子の羽生結弦が昨年11月の練習中の右足のけがによりオリンピック出場が危ぶまれていたが、順調に回復して平昌にやってきた。練習風景を見ると、滑らかに美しく飛んでいる。  


ところで羽生選手がいつも持ち歩いているくまのプーさんは、単なる縫いぐるみではないことがわかった。ティッシュペーパーのケースなのだそうだ。氷の上で演技する者にとっては必需品だろう。しかし、今回、心境の変化か、ショートケーキ仕様のケースに変えたそうだ。けがから復帰するに当たって、何か心境の変化があったか 


今日からいよいよショートプログラムが始まる。第5グループの第1滑走者に決まった。1番滑走が楽しみだと話している。スノーボードハーフパイプの試合では、後に滑走者がいる場合は、点数の配分を考慮して先に演技した選手の点数が抑えられることがあると聞いた。スケートの場合は、1番滑走だろうと6番滑走だろうと、演技そのものに対しての評価だから、その点は安心だ。  


きょう午前中に行われたショートプログラムで、羽生選手は完璧な演技をし、1位だった。  宇野昌磨も3位と、明日のフリーの演技が楽しみだ。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 羽生選手五輪連覇

    Excerpt: 「羽生結弦のくまのプーさん」について Weblog: 小野口純子 racked: 2018-02-17 22:05