藤井聡太 最年少七段昇段

<将棋>快進撃止まらず 藤井、最年少七段昇段


高校1年の現役最年少将棋棋士、藤井聡太六段 (15) が18日、第31期竜王戦5組ランキング戦準決勝で勝利し、七段に昇段した。29連勝をはじめ、次々記録を塗りかえてきたが、七段昇段も最年少の新記録。年内にタイトル獲得の可能性がある棋戦も二つ残し、快進撃はとまりそうにない。

七段昇段の年少記録は 「中学生棋士」 が上位を占める。プロ入りから4年3カ月、18歳11カ月で七段になった谷川浩司九段 (56) は 「私は21歳で名人を獲得したが、プロになってからトップ棋士のレベルに達するのに、早くて5年はかかる。しかし、藤井七段はこの1年で本当に強くなった。予想を超えている」 と驚く。


このような快挙を成し遂げた藤井七段だが、終局後 「今は喜びにひたるというより、5組の決勝に向けて気を引き締めたい。王座戦に関してもこれから厳しい相手が続くので、挑戦は意識していない。少しでも上にいけるように頑張りたい」 と浮かれたところはなかった。


ピリピリしたところは一切なく、いつもと同じように少しはにかみながらインタビューに答える様子は好感が持てるし、孫のようにかわいい。  

師匠の杉本昌隆七段は 「ことしに入って3回目の昇段には感服します。結果を出し続ける強い棋士に対して敬意を表します。弟子に同じ段位に追いつかれることは、師匠として大きな喜び。複雑な気持ちなどみじんもありません」 としつつ、私も早く八段にならなきゃとユーモアを交えてうれしそうだ。 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック