山根前会長、顔が凶器

今度はボクシング連盟会長の告発騒動」について

日本ボクシング連盟は18日、山根明前会長らが昨年3月、会員2人を不当に除名にしていたとして、この処分を撤回すると発表した。

同連盟によるとこの2人は、全国高体連ボクシング専門部の佐藤秀行委員長と北岡直樹事務局長。2人は元プロボクシングの世界王者、高山勝成氏を講師に指導者講習会を開いたが、山根前会長らは、事前連絡がなくプロ選手を招いたなどとして、定款で定められた総会の決議を経ずにこの2人を除名とした。

連盟は、この処分は 「違反事実の有無に疑義があるばかりか処分も著しく不均衡」 などとして、処分を撤回。2人に文書で謝罪した。 

この手の犠牲者は過去にもっといるのではないか。 気の毒な話だ。


助成金の不正流用や過去の暴力団との交際などの指摘を受けて辞任した日本ボクシング連盟・山根明前会長(78) の妹で元タレントの十文字茜さん(60)が16日放送のTBS系 「サンデー・ジャポン」 にテレビ初顔出し出演して山根氏について言及した。 

十文字さんは 「兄・山根明がお騒がせして、ホントに申し訳ありません」 と謝罪。さらにテレビプロデューサー・テリー 伊藤氏 (68) から 「立ち振る舞いが偉そうだと妹から見て思わなかったか?」 と聞かれると、十文字さんは 「ずっと思っていたし。顔が凶器」と答えスタジオを笑わせた。 

いわれてみれば、確かに “凶器” かもしれない。その筋の人だとしても十分に通用するドスのきいた風貌だと思っていた。  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック