今度は貴ノ岩関が加害者

貴ノ岩関に 「礼に始まり礼に終わる」 のスポーツ精神を」について

付け人に暴力を振るったことの責任をとる形で、7日に現役を引退した大相撲の前頭・貴ノ岩(28)。同日夜、東京都台東区の千賀ノ浦部屋で引退記者会見を開き 「気持ちが弱かった。自覚が足りなかった」 と、目を赤らめて暴行を悔やんだ。

会見の冒頭、同席した千賀ノ浦親方 (元小結・隆三杉) と共に約10秒間深々と頭を下げ 「多くの方に迷惑をかけたことを心よりおわびする」 と陳謝した。6日に引退を決断したといい 「自分のやったことに深く責任を感じている」 と引退を決断した理由を述べた。 

前の師匠の元貴乃花親方 (元横綱) には今回の暴行を報告したといい 「育ててくれた感謝の気持ちと迷惑をかけて申しわけない気持ちの両方」 と語ったという。


昨年、自分が受けたけがに対する裁判を国 (モンゴル) に住む家族のために取り下げたことについての鬱憤などがあったにせよ、自分が同じ暴力を振るってはいけない。 

貴乃花部屋が閉鎖するときに引き受けてくれた千賀ノ浦親方にも大きな迷惑をかけた。そのことを彼はわかっているのだろうか。モンゴル人はこれだから …… などといわれぬように彼に限らず全ての国民が身を引き締めなければ日本では通用しない。 


蒸し返すようだけれど、昨年度白鵬らと会合を持ったときに携帯を持ち出して彼女と連絡をとったことから “暴力” 事件が起きた。それらが引き金で貴乃花が協会から引退することになった。それらのこともしっかりと自分の行ったことの責任を自覚しなければならないのに、何なのだろう。言葉にならない。  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック