鈴さん、盲腸が左に?

次から次へと困難が待ち受けて」について

今朝のNHK連続テレビ小説で 「武士の娘」 である鈴さんが腹痛で病院に運ばれた。盲腸だと思うけれど左側が痛くて、もしかしたら特異体質で臓器が普通と反対かもしれないと検査をしていた。 


実は私も若い頃に盲腸の手術をしているが、今回の鈴さんと全く同じだった。手術するまでずっと左側が痛くて、当時は兄、姉と3人で暮らしていたが、タクシーで運び込まれた大病院では、虫垂炎だと思うけれど左側が痛いのはほかの病気ではないかと、ストレッチャーに乗せられて複数の科で検査を受け、おまけに 「この人の盲腸は左側ではないか」 と、心臓の位置やら他の臓器を検査し、私はその間、痛みでうめいていたのを覚えている。 

結局、臓器の位置に異常はないからと右腹部の手術に踏み切ったが、担当医に 「万が一、左側だったら届くように少し大きく切開しました」 と説明された。無事に手術が済んで数日たち、兄たちもほっとすると 「手を左側に突っ込めるように」 と、話が大きくなった。  

痛みに敏感だから右の痛みも左の痛みも区別がつかず、とにかく痛かったのだろう。そのときに盲腸の経験者である兄が、ガスが出ないと水を飲ませてもらえないから熱を下げるのにタオルを緩く絞ってくれと頼んで、その水をチューチュー吸っていたよと教えてくれた。 

麻酔が効いているからガスが出たかどうかなど自分ではわからない。二日目くらいに 「出ました」  といって無事に水を飲ませてもらえた。  


この後、鈴さんはどうなるのか人ごととは思えない。  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック