「美爆音」 ブブゼラ同様騒音と同じ

熱闘甲子園に物申す」について

甲子園にとどろく「美爆音」 「うるさい」 苦情も、習志野高校「今まで通りに応援」  習志野の応援に苦情が入った。 

春の選抜高校野球大会 (センバツ) で 「美爆音」 と呼ばれる習志野高校 (千葉) の応援に近隣から苦情が入り、大会本部から音量を小さくするよう注意した問題に、インターネット上では賛否が渦巻いている。

ただ、大会規定には応援の音に関する取り決めがないとして、大会本部は 「今後は働きかけをしない」 と話す。同校も 「次の試合も今までどおりに応援していく」 という。 

「美爆音」 は2019年3月28日のセンバツ第6日、2回戦の星稜 (石川) 戦 (1-3) で響き渡った。習志野のアルプススタンドを埋め尽くす大応援団によるブラスバンド演奏は、テレビ中継でもはっきりわかるほどの大音量で、ナインを盛り立てた。

だが、試合中にトラブルが発生した。大会スタッフがアルプスに入り、応援団に注意した。日本高等学校野球連盟 (高野連) センバツ大会本部の担当者は29日、J-CASTニュースの取材に、近隣住民から応援の音がうるさいと苦情が入ったため 「音量を下げるよう要請しました。応援団もご対応くださいました」 と話す。応援の音をめぐってクレームが入ることはあまり経験がないという。

「『応援の手引き』 を改めて確認したところ、音に関して取り決めがないということで、高野連は苦情が入ろうと何もいわないとし、習志野高校側も今までどおり大音量で応援するといっている。いつの取り決めかしらないが、住宅事情も楽器の性能も昔とは違う。取り決めがないなら今までどおりに大音量で演奏するという学校側の姿勢は問題がある。他人に迷惑をかけてでも自分たちの好き勝手にやるというのは、教育上もよくないのではないか。 

習志野高の試合のときはテレビ観戦は絶対にしないことに決めた。ましてや応援するなどもってのほかだ。そう思っていたら、明日の第1試合が習志野高だ。参考までにどの程度の音量か確かめてみたいが、アサイチだしねえ  録画してまで確かめることもないしと思っていたら 「今夜も生でさだまさし」 がある。その続きの続きの時間まで寝ないで頑張れるか    


応援の音量に関しては、数年前にチアホーン - ブブゼラが同じく騒音問題に発展した経緯がある。このときもテレビ観戦するのも苦痛なくらいの大音量でうるさかった。日本のJリーグでは、自粛措置が取られている。    

それにしても他人の迷惑になろうとも自校の選手の利益になればよいと考える習志野高校の監督にはあきれ返る。 


最近、野球に限らず上層部はおかしい。いじめ問題の児相や自治体や教育委員会などの対応も、何もかもがおかしい。   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック