おにぎりの早食いで窒息死

仮設トイレのその中は」について

YouTuberが配信中におにぎりの一気食いで窒息、死亡 医師は 「早食い」 に警鐘

YouTubeでライブ配信をしていた女性が 「赤飯」 のおにぎりを一口で食べ、そのまま意識不明になったとみられる事故があり、女性がその後死亡したと、本人のTwitterに親族名義で書き込みがあった。 

YouTube上には 「大食い」 や 「早食い動画」 も多く存在している。医師は 「やるべきではない」 と警鐘を鳴らしている。動画は4月8日夜に配信されていたもの。転載されている動画を確認する限りでは 「一気っていうか一口」 「これを一口で…いきます」 とこぶし大の赤飯のおにぎりを一口で食べようとしている様子がアップされている。 

女性は当初口を動かしていたが、その1分ほどあとに苦しそうな様子を見せ始め、3分後には倒れこんで泡を吹き、動かなくなった。そして20分ほど後、2人の男性救急隊員の姿が見え、応急処置が始まるところで、別の男性が配信を停止している。既に当該動画は閲覧できなくなっている。女性のTwitterアカウントには、親族名義で女性が2日後に死亡したと明らかにされている。 


大食いや早食いの様子をテレビでも時々見かけるが、大食いはともかく、赤飯のおにぎりを一口でほおばるというのは危険過ぎる。赤飯は普通に食べてもなかなか消化しない。おもちと同じようにのど詰まりを起こす食材だ。握ったものを、それもこぶし大のものを一口で食べようとするのは非常に危険だ。その危険が現実になった。 


おにぎりをめぐっては、2016年、滋賀県彦根市でJA東琵琶湖が開いた農産物のPRイベントで、3分以内に5個のおにぎりを食べる早食い競争に28歳の男性が死亡した事故が起きている。  農産物のPRイベントで早食い競争をやるなんて、意味がわからない。  もっと違うPRの方法があるだろう。 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック