いじめ防止対策推進法

また弱者いじめ 障害者施設」について

いじめ放置の教員処分案、消える 対策法改正に遺族反発

いじめ防止対策推進法の改正案について、いじめが原因の自殺で子どもを失った遺族らから批判の声が上がっている。超党派の国会議員勉強会の座長・馳浩元文部科学相が4月に公表した改正案では、検討されていた 「いじめを放置した教員の懲戒処分」 「学校側がいじめ防止の基本計画を策定」 などの内容がなくなったためだ。馳氏らは学校側の負担増などを懸念したとみられるが、遺族らは 「誰を守るための法律なのか、考えてほしい」 と反発している。

「一体どちらを向いて法律をつくっているのか。座長試案を見直してください」。 いじめによる自殺で一人娘を亡くし、いじめ問題に取り組むNPO法人 「ジェントルハートプロジェクト」 理事の小森美登里さんは22日、文科省内で会見して訴えた。隣には、他の遺族ら5人が並んだ。

19日にも、いじめ自殺の遺族ら43組の連名で、座長試案に反対する意見書が馳氏へ手渡された。2011年に中学生の子をいじめ自殺で亡くした父親は 「学校のガバナンスができていなかったから、いじめ死が起きたと私たちは考えています」 と語った。 


教師みずからがいじめに加担するような事件も起きた。この 「いじめ放置の教員処分案」 は、学校側の負担増などを懸念している場合ではない。負担増にならないようにまずは学校側のいじめに対する認識を新たにするように取り組まなければならない。それを学校側の負担を軽減するために 「いじめを放置した教員の懲戒処分」 「学校側がいじめ防止の基本計画を策定」 などの内容をなくするなど、とんでもない。 

いじめ自殺の遺族らが起こるのも無理はない。 いじめで自殺する子どもたちがふえているのに胸が痛まないのだろうか。 

それに加え、自殺した子どもたちには酷な言い方かもしれないが、これだけ世間がいじめに対して真剣に考えているのに、自殺しないで何とか生きる道を考えないのかと思う。いじめられたから、すぐ死のうという選択肢を持たないでほしい。昔もいじめや、極度のからかい、教室で刃物を振り回すなどの事件があったが、みんなしっかり生き抜いた。 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック