拳銃を所持していれば防げたこと

マスコミの取材 あれこれ」について

神奈川県愛川町から刃物を持ったまま逃走している小林誠容疑者。小林容疑者が逃走して約29時間以上が経過している。なぜ、収監直前に逃走を許してしまったのか。  その裏には三つもの大きなミスが重なっていたというが、私はたった一つのミスによって逃走を長引かせたと思う。

19日午後1時過ぎ神奈川県愛川町で横浜地検の職員5人と警察官2人が小林容疑者を収監するため自宅を訪れた。すると小林容疑者は 「お前らだましたな。準備するから出て行け!」 と叫び、突如警察官らに向け刃物を振り回したという。

その後、車で逃走を図ったときに、警察官が拳銃を所持していればタイヤめがけて発射して逮捕できたはずだと思う。三つの大きなミスではなく、たった一つのミスで事が大きくなった。何のために7人もの人が小林容疑者を収監するため自宅を訪れたかわからない。今回の騒動の一番のミスは、肝心なときに警官が拳銃を所持していなかったことだ。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック