長毛種の犬をトリマーが丸刈りに


長毛種の犬をトリマーが丸刈りに 混乱する飼い主 「うちの子じゃない」(米)
   
https://giwiz-cmspf.c.yimg.jp/c/cmspf/54/22/63/26/20a68c2d2f48ce6d3eadc5f3dea9d963.jpg


長毛種の犬は美しい毛並みを保つために手入れは欠かせないものだが、飼い主はトリマーを選ぶために十分な下調べをしなければならないようだ。アメリカで犬のトリミングを依頼した飼い主がトリマーとの意思疎通がうまくできていなかったことから、ふわふわの毛だった犬が丸刈りにされてしまったのだ。『Metro』『Mirror』などが伝えた。

米フロリダ州に住むマイケル・コカさん(Michael Coca、28)とカーリーさん(Carley、28)夫妻は、サモエドという種の雄で7歳の “ナヌーク(Nanuk)” を飼っている。ナヌークは白くて長い毛を持つ美しい犬だった。しかし昨年の6月頃、ナヌークは大きな変貌を遂げることになってしまった。

カーリーさんは当時、地元のトリミングサロンにナヌークを連れていきトリミングをお願いした。そしてナヌークを預け、トリミングが終わった頃にサロンへと迎えに行ったが、カーリーさんは思わず 「この子は私の犬じゃないです!」 と声を上げてしまったという。

そこにはふわふわだった毛が全て刈られてしまったナヌークの姿があった。トリマーの男性に 「間違いなくあなたの犬です」 といわれたものの、あまりの変わりようにその犬がナヌークだと信じることができなかったそうだ。

カーリーさんは 「上側の毛のカットをお願いします」 とトリマーに頼み、足や耳の伸びきった毛を整えて欲しかっただけというが、うまく伝わっていなかったようだ。カーリーさんは当時をこのように振り返っている。

「トリマーはそれが 『ナヌークであることを保証する』 とまでいいましたが、私は信じられず夫にスマートフォンの写メで確認してもらわなければならないほどでした。だってナヌークは完全に別の犬種にしか見えなかったから…。」

のちにカーリーさんはその丸刈りの犬がナヌークだと納得した後、なぜか笑いがとまらなくなってしまったとのことだ。また対応したトリマーは自分の腕に自信を持っているようで、ナヌークのトリミングの仕上がりに満足している様子だったそうだ。

幸いにもナヌークは丸刈りになった姿に不満を感じておらず、誇りさえ持っているように見えたという。  しかしナヌークは元の毛並みに戻るまで約1年かかり、日光の強い日には日焼け止めが欠かせなかったようだ。

カーリーさんとマイケルさん夫妻はナヌークの他にも犬を2頭飼っており、トリマーのお世話になることが度々あるようだが、ナヌークを丸刈りにしたトリミングサロンには二度と行くことはないと話している。 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント