新型コロナウイルス感染者が急増

東京都の7月31日の感染者数が463名となり、過去最大数となった。一体どうなるのだろう。感染者数がふえたのは東京都だけではない。このようなときに東京都を除いてまでGO TOトラベルを実施したのは愚策だったのではないか。観光業界の活性化を図るためとはいえ、大阪を初め全国的に感染者数がふえている。それよりもどんどんどんどんお札を発行して飲食店や観光業者、その他コロナ禍で生活に困っている人たちにお金を貸し付けるのではなく、贈与したらどうなのか。 


先日、久しぶりに同年代の友から電話があった。ここだけの話という前置きで、いいたい放題で盛り上がったのでちょいとご紹介しよう。

◎ もうPCR検査はしないで放っておいたらどうなるのかしら。体調の悪い人は普通に病院に行って診察してもらって治療をする。
◎ どんどん感染者数がふえたら私たち高齢の体力がない者から死亡するから高齢人口が自然淘汰されていいんじゃないの。
◎ 高齢者が重症化するなどと政府も医療関係者も心配するけれど、若い人たちを優先して病床を譲っていいのにね。
◎ もし若い人たちが犠牲になったとしたら、夜遊びしたりカラオケに行ったり、好き放題にしているのだから自業自得よね。(ちょっときついいい方だけれど 

私も友だちも、体力がなくなってあっちが痛い、こっちも調子が悪いといいながら長生きしたくないタイプなので、1時間以上まだまだ話が盛り上がった。

というわけで、なるようになるさというおおらかな気持ちで  日々過ごしたらどうなのだろう。毎日毎日感染者がふえたなどと気にしていたらとても生きていられない。  まさか日本人が全滅するということにはならないだろう。強い者が生き残る、それでいいんじゃないの